師走ですね                                  平成26年12月1日

今日から師走・・・・そして、冬将軍もやってきました。
師走と聞いただけでやり残したことなど、チラと頭をかすめバタバタとしています。

昨日は妙蓮寺さまの”総お取越報恩講”のご案内を頂いていたのでお参りしてきました。
講師は鹿児島市善福寺就職 長倉伯博先生。先生は緩和ケアに活動されていて経験など話してくださいました。
死に関わる部分は昔から仏教が中心だったような気がしますが、緩和ケアまで仏教が関わっているとは想像もしていませんでした。
短い時間でしたが心に沁みるお話でした。
先生のお話を要約できませんが、末期患者様から頂いたという詩を紹介されされ書き留めました。

     何処までも行ける切符のはずだった
     長靴を履いて行こうか 
     逝くとき時は静かな小雨の朝がいい

死に直面した時、 先生とお話をして心穏やかになられたのでしょうか?
私は残された方の気持ちをどこに持って行ったらいいかお聞きしたかった。

妙蓮寺さまの駐車場の脇の柿の葉が一際目立ちました。
b0052108_16572871.jpg

[PR]
Commented by ユーアイネットショップうちまる at 2014-12-02 06:18 x
真冬の寒さで身も縮む思い。
ても、お話はとても暖かだったようで。
Commented by mube at 2014-12-02 09:02 x
ユーアイネットショップうちまるさま

急に寒くなりましたね。
報恩講での講話は心に沁みるお話でした。
Commented by rie0412h at 2014-12-02 10:04
こんにちは mubeさま
詩 に ジン と 来てしまいました 。
私の父も末期がん で 宣告から
一月半で逝ってしまい
ちょっぴり 思い出し ホロっと きました 。

...残された私たちの 気持ち は
ただ ただ 父の 心 の 豊かさに 感謝 し
それを 引き継ぐ と いう こと と 思いました 。
Commented by ustomi at 2014-12-02 11:15
mubeさん; こんばんは。
よいお話を聞かれて何か 心がほのぼのとなりました。

ここ今日 親しい方のご家族の訃報で心が沈んでいましたが
そうですね 生きると言います事はまた 死が近づいてくると言いますことで、人生のけじめと言いますか、生きて来た足跡は残したいです。

何か訳が分からないこと書きましたが、友人の母上、友人の弟御とあまりに身近な人々で。
Commented by hitori-shizuka at 2014-12-02 19:12
昨日から強風とともに一気に冬の季節になってしまいましたね。
今日は急激な冷え込みで急遽ダウン着での外出です。
終期は家族に迷惑がかからず惜しまれて逝けば最高なんですが…これだけはどうにもなりませんね。
Commented by mube at 2014-12-02 20:20 x
rie0412hさま

お寺様での講話はただ笑って聴くことが多かったのですが先日の講話は胸にジンときました。
思わぬ方から訃報が届いて唖然とすることがあります。
大切な人が逝って2年経ちましたがまだ心の整理が出来なくてうろたえています。こんなことではいけないとわかっているのですが・・・・
Commented by mube at 2014-12-02 20:29 x
ustomiさま

色々考えさせられました。
終活という言葉をよく耳にするようになりましたけれど、残りの人生をよりよいものにすることだと思っています。
近しい方が逝くのは淋しいことですが、元気出しましょうね!!
Commented by mube at 2014-12-02 20:36 x
hitori-shizukaさま

急に寒くなりましたね。
わたくしもダウンを着用しました。
誰にも迷惑をかけず、目が覚めたら天国だったなんてならないかしら???
何時までも元気でいられますように!!
Commented by hiraoka-yoshi at 2014-12-03 12:03
さくらの紅葉は、とっても・・すてきね
大好きだから 拾ってきます・・応援P”です。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by yasu3903 | 2014-12-01 13:35 | 日常のこと | Comments(9)

の~んびり~ ゆ~ウ~くり~~  パソコンで遊ぼ!!


by mube
プロフィールを見る
画像一覧